お金のこと

お金の入口と出口|出口の見直しをしてわかった無駄遣いだらけ生活

えごまです。

私がフリーランスになるとき、真っ先にしたことがあります。
それは『お金の出口を見直すこと』です。

大抵の人は、お金の入口=収入を増やすことにフォーカスしがちです。
私も最初はそうでした。

でも、お金の出口=使い道が無駄だらけだと、
結局はどんなに収入が増えても、お金は残らないなと気付きました。

いざ見直してみると、お金も時間も無駄遣いのオンパレードでした。

『お金がない』から脱出できない

 

私は昔からあればあるだけ使ってしまうので、『貯金』という言葉を知らないタイプです。
MAXでも50万円くらいしか貯められませんでした。

会社員時代は、毎月安定した給料が入ってきていたのに
なぜか『いつもお金がない』と思っていました。

出口がゆるゆるだと、稼いでも稼いでも『あれ?なんかお金ないな』ということになります。
例えるなら、穴が開いているザルに水を溜めるようなものです。
いつまでたっても水は溜まりません。

そして、穴が開いていることに気付かない限り、永遠に垂れ流し続けることになります。

 

 

『ラテ・マネー』が多すぎた

最近は、お金に関する本を積極的に読んでいます。

先日読みましたが、自分に思い当たる無駄遣いが多すぎてかなりダメージを受けました。笑

 

『毎朝、コーヒーショップでラテを買って出社する』ことが習慣になっているとしたら、仮に1日500円だとしても、週5日で2,500円、1か月で1万円、1年で12万円の出費になります。

1回のコストが低いために、ついつい使ってしまうお金を『ラテ・マネー』と呼びます。

そういえば、なんとなくコンビニへ行って、コーヒーやスイーツを買っていました。
金額にすると300円くらいですが、1回に使う金額が少ないので
『まぁ、いっか』と思っていました。

『100円くらい・・500円くらい』という気持ちでお金を使っていたら、 年単位で計算したとき、とんでもない金額になっているんですね。

この本を読んでからは、用事がない限りコンビニには行ってません。
行かなければ何かを買うこともありませんし、
本当に欲しくて買っていた訳ではないんだなと気付きました。

 

『なんとなく』で行動していたことをやめた

なんとなく外食したり、
なんとなくショッピングモールへ行ったりすることをやめました。

『なんとなく』というのがとても曲者で、
本当になんとなくお金を使ってしまうのです。

ショッピングモールへ行くと、せっかくだからと服や雑貨を買っていました。
そして、本当に欲しい物を買っているわけではないので、
結局は少し使っただけで捨てることになるのです。

お金、往復の交通費、そして時間の全てにおいて無駄なことをしていたなと
今は痛感しています。

 

まとめ

『これくらい、まぁいっか』で使っていると、いつまでも出口はゆるゆるのままです。
何もかもケチケチして、節約をする生活もきっと続きません。
私はケチケチ生活をすると、ストレスがたまるし、どこかで爆発すると思っています。

当たり前になってしまっている、自分の癖や習慣を改めて見直してみるだけで、
実は必要のない行動や物に気付くことがあります。

そして、なんとなく使っていた無駄遣いをなくすだけでも、
『お金がない』から脱出できる可能性があります。


『チリも積もれば山となる』
と言いますが、
本当にその通りですね。