『磨く』という行為は、心身ともに良い影響をもたらすのかもしれないと思った体験談

こんにちは、えごまです。

最近何かを『磨く』ことにハマっています。
磨いたり、拭いたり色々ですね。

この『磨く』という行動をしてみて
思ったこと、感じたことがあるので
まとめてみました。

キッカケは些細なことだった

生きていると、何かしらうまくいかなかったり
イライラすることだったり
理不尽だな~と思うことが起こったりします。

いつだったか何かの本で読んだ
『イライラしたら鍋を磨く』という言葉を思い出して
そうだ、磨いてみよ~と軽い気持ちで始めたのが
キッカケです。

汚い鍋ほど磨き甲斐があって楽しい。

磨くとその空間がキラキラする

これはトイレ掃除をしたときに感じました。

便器を磨いて、床も磨いて
掃除が終わった瞬間『なんかキラキラしてる』
と思ったんですよね。

澱んでいた空気がガラリと変わるのを
肌で感じました。

ついでに自分の頭の中もスッキリ。
イライラ・モヤモヤなんかどこかへ飛んでいきます。

グッバイストレス!

水回りは磨きまくろう

お掃除界隈の人いわく
『水回りはその人の本質が出る』ということです。

例えば、排水溝が詰まっていると人間関係も詰まる
なんて言いますよね。

最初は『んなアホな!』と思いましたが
これが迷信でもないんですよね。

何かしら行き詰まっている方は
水回りをキレイにしてみてください。

えごまは水回りの掃除が習慣化できたので、
毎日やっています。

掃除は苦行だと思っていたのに
今ではすっかり掃除好き。

磨いたあとは結構疲れる

磨く=体を使うので運動をした後のような
心地良い疲れがあるんです。

ゴシゴシしてるときは
力を入れているので意外と体力を使っています。

本気のトイレ掃除は
じわ~っと汗をかくほどです。

掃除ができて運動にもなって一石二鳥

ついでに余計な動きを入れて
もっとカロリー消費できないか試行錯誤中。

本気の活動量計を導入してみた。

掃除の知識がつく

例えば、鍋を磨くにしても
ステンレス、アルミ、ホーローなどなど
素材によって、使える道具や洗剤が変わってくるわけです。

この汚れにはこの方法が効く!とか
実際にやってみないとわからないですからね。

なんでもかんでもタワシでゴシゴシすれば
落ちると思ってましたけども。

今時は、ググれば色んな方法が出てきて
大変勉強になります。

ちなみに、重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダを常備しておけば
大抵のものはキレイになります。
専用洗剤はよっぽどの時しか使いません。

この知識と経験が何か役に立つ日が来るかもしれませんね。

まとめ

磨くと、物も空間も自分もスッキリする!

ついでに家族もめっちゃ喜ぶ。

開運グッズを買うくらいなら掃除しよう。

以上、今日はここまで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする