ベタベタも取れる♪シールの簡単な剥がし方。

ベタベタも取れる♪シールの簡単な剥がし方

denkyu1

おはこんばんちは!

アラレちゃんではなく

えごまちゃんです。

今回は、仕入れた商品のシールを剥がす方法について

書いていきます。

仕入れた商品についていることがありますよね、値札シール。

私は、スルっと綺麗に剥がれる値札シールが

大好きです!

そんなシールばかりだと楽なんですが

どんな粘着力やねん!?と思うシールに遭遇することが多いんですよね。

dsc01389

こちら某イオンの値札です。

ちなみに、この値札が貼っている商品を見つけたら

必ずリサーチしてみてください。

この写真では、値札が二重に貼られているのが

おわかりになりますか?

二段階で値下げになっているので、

仕入れできる可能性が高いです。

はい、早速シールを剥がしてみました。

dsc01390

画像のとおり、かなり粘着が残ってしまいました。

さすがにこのまま販売する人はいませんよね?

クレームにもなりかねないので

綺麗にしましょう。

そんな時に活躍するのがコチラです!

dsc01391

こちらはダイソーで購入できます。

お財布にもやさしいですね。

使い方は、シールはがし液を綿棒につけて

ラベルの上をなぞるだけです。

dsc01392

塗ったら1分ほど放置。

液がシールに浸透したらスルっと剥がれます。

剥がしにくい場合は付属のヘラを使ってください。

dsc01393

はい、できあがり♪

値札の痕跡が跡形もなく消えました。

キレイになると気持ちいいですね。

480399

☆オマケ☆

ベタベタの粘り気だけ取りたい場合は

セロテープでもある程度はキレイになります。

bunbougu_serote-pu

セロテープを輪っかにして

ネバネバ粘着の上をひたすらペタペタしてみてください。

セロテープに接着剤がついて

ネバネバ粘着を取り去ってくれます。

今回はビニール素材のもので

シールはがしを使いました。

紙や段ボールなどの場合は、

一度目立たない場所で試してからの

ご使用をオススメします。

■シールはがしメリット・デメリット まとめ

【メリット】

・値段が安い

・シールが簡単に剥がれる

【デメリット】

・素材によっては使えない場合がある(色落ちや剥げなど)

・臭いに注意(ご使用の際は換気をしてください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする